故郷のお祭り(写真)


TOPに戻る

     故郷の思い出  故郷の写真          

写真は2012年(平成24年)に写したものです。

 
   
 
  神社へ続く石段です。使われなくなった畑は、無残にも森林に蝕まれていますが、さすがに神社に続く石段周辺は、ものすごく整備されていることに驚きました。
   
   神社の入口・鳥居です。
   
   境内です。昔は、祭りになると村人で埋め尽くされたものです。ほんとに賑やかなものでした。
それと、ここは我が家から近いこともあり、私のホームグランドでもあったのです。ここでほんとによく遊びました。
   
   
   
   
 
 島に在住の方々が総出で、村の祭りを守ってくれています。   
 
  学生のころはそれほど意識しなかった「神輿」ですが、先人はほんとに素晴らしいものを残してくれていることに、今さらながら驚きます。 
   
   
 
 神輿が担ぎ出される前に、島の区長によって島の祝い唄が力強く披露されます。  
   
 境内からいよいよ神輿が担ぎ出される瞬間です。  
   
   
   
   
   
   
 
 神社から港へ続く過程で、最も広い屋敷の広場で若い衆に担がれた神輿が、所狭しと広場を練りまわります。昔は、立ち止まった神輿の下をくぐり抜けたものです。  
 
 昔のお祭りを彷彿したものです。  
 
   ものすごく疲れていることでしょうが、精一杯、神輿を持ち上げています。 
 
   いよいよ港まで神輿が運ばれていきます。 
   
   
   
   
 神輿が港まで運ばれました。昔は港の丘に上げられた漁船のデッキに神輿が据えられていました。でも今は、ご覧のように場所が違います。   お祭りを遂行するうえで、欠くことのできない「神主」さんです。今は島に神主さんがいませんのでよその町から来てもらっているのです。
   
   


TOPへ