<携行備品>

TOP画面
              
1,自転車関連

項目  価格  写真  備考 
自転車  110,250円  
品名:GIANT
 GREAT JOURNEY  


 積載装置が前輪にないため、荷物のすべてを後輪に載せ込みました。

 結果として、他の要因もあったのでしょうが、荷台を支えるためのフレームが4回も折れました(材質はアルミ)。
 
 荷物は、必ず前後輪に分けて載せる必要があります。また、後輪のみに荷物を乗せると、スポークが折れる、というリスクも伴うようです。

 サイドバック    
 価格は、自転車に含まれています。後輪・両サイドに装備しています(二個)。

 バックは前輪にも付けるべきです。でなければ、2個のバックにすべての荷物を収納することはできません。

 バックが足らないため、別のバックを後輪の上に積み込み利用しました。

 タイヤ    
 出発時、予備タイヤを二本を持参。タイヤは、走行距離に比例して劣化が進みます。このことが、パンクを繰り返す原因になっているように思います。

 原因不明のパンクを繰り返すときは、タイヤの状態を観察したうえで、必要に応じて思い切ってタイヤ交換をすることです。
タイヤに小さな無数の亀裂が入っている場合は、それほど摩耗していなくても交換の時期と思って間違いありません。

 私の自転車は、自転車店に予備タイヤを置いてありませんでした。ただし、なぜか、北海道稚内市街にある自転車店には、予備タイヤがありました。

 ブレーキ    
 私の自転車は、ディスクブレーキでした。ブレーキのメリットは、ブレーキ制動に優れていることです。

 デメリットは、例えば、後輪タイヤのチューブ交換の時、車輪を本体から外すときにディスクが邪魔をするので、素人にとって取り外しがかなり面倒なことです。

 私の場合は、パンク頻度のリスクを少しでも避けるために、パンクの度に新しいチューブと交換しました。ですからその都度、車輪を取り外す必要がありました。

 もう一点大切なことは、最低でもブレーキパットを一回は交換する必要があります。このとき、交換方法の知識をまったくもたずに旅立ち、その場に直面すると、これは最悪なことになります。

 ディスクブレーキシューは、自転車店にありませんので、必ず予備を持参しておくべきです。

 もう一点のデメリットは、ディスクにブレーキシューに接触するためなのか時々ブレーキが利いた状態が起こることです。随分悩まされたものです。

 結論として、ディスクブレーキは避けた方がよいと思います。

 荷台    
ネジが落下したうえに支柱が破損しています。

 日本一周をする間に、荷台支柱が4回も破損しました(写真)。

 一回目のときは、支柱を固定してあるネジがゆるみ、ネジが落下し支柱が破損したものです。荷台の上に載せていた荷物が荷台を抑える形となり、完全に走行不可能になりました。ネジがよく緩むので、ときどき確認をする必要があります。

 余分なお金がかかりますが、出来れば荷台の予備を自宅に備えておくのも一つの方法です。私はしておきました。

 私の場合は、イオンスポーツオルティーで自転車を購入したので、このお店が全国ネットで展開されていますので、支障をきたした時は、店を通じて、該当する県にあるイオン店で交換することが出来ました。

 チューブ    
 チューブは、ちょっとした自転車店であれば店頭に置いてあります。出来れば予備チューブを持参しておくとよいでしょう。

 なお、パンク修理は自身でしなくてはなりません。必ず修理道具を忘れないようにするべきです。
 
 ヘルメット  1万円少し。  
 私はヘルメットの先に「ツバ?」の付いたものを選びました(写真)。取り外しが可能です。雨よけを考えたうえで、これに決めました。進行方向から叩きつけてくる時は雨が目に入るのを防ぐことも出来きます。

 ヘルメットなしで走っている若者が多かったように見受けました。とにかく長い道のりなので、身の安全のためにも必要ですし、日除けにもなります。

 ライト    
 夜間走行にとって、なくてはならない必需品ですが、夜間走行だけではありません。本州は太平洋沿岸、北海道は日本海沿岸について特にトンネルが多いので、当然、昼間でもライトが必要です。

 また、どうしても、暗くなっても走らなくてはならないことも多々あります。このとき、予備のライトがあると、標識を直接照らすことが出来るので重宝です。

 ということで、ライトは照明の良いものを是非、装備してほしいものです。

 空気入れ    
 空気入れは、携帯ポンプを備えて出発するのが基本です。この場合は、出発前に必ず慣れておくことが必要です。でないと痛い目に遭います。

 私のように通常の空気入れを持つ人は、まずいないはずです。見てくれも良くありません。それに重たいですね。でも、携帯ポンプでは、安心できませんでした。
 





               2,寝具類

 項目 価格  写真 備考 
 テント
   29,800円 
   Snow
(スノーピーク)
社製の「ランドブリーズ ソロシリーズ
 
 テントのフレームが折れたことの経験を聞きしました。実際、この目で見ました。フレームが折れたときの修理をするための予備品を持参しておく必要があります。

 テントは、意外と重たいものです。「安いから、ホームセンターでテントを買ったけれど、重たい」などの声をお聞きしたことがあります。北海道一周程度であれば、少々の重さも耐ることが出来るでしょうが、日本一周ともなればまた条件が違ってきます。

 また、テントは頻繁に使うので、設営・収納の繰り返しをすることになります。なので、もしかするとちょっとしたはずみで、フレームの破損に結びつくことがあるかもしれません。

 以上のリスクを少しでも避けるためには、テントを買う時に安さのみを追及すると、後々、悔いを残すことになる恐れもあります。 それと私のテントには、グランドシートが付いていました。テントの下に敷くシートです。これは、テントを設営しないで、軒先で野宿するときでも、下に新聞を敷き、その上にシートを敷けば、あとは寝袋に入り寝るだけです。手間が省けていいですね。とても重宝です。

 更に必要なのは冬も旅を続ける場合は、夏用のテントは買わない方がよいと思います。11月になると、とにかく寒くなります。

 寝袋
(セパレートマミー)
17,850円   
  重さが750gなので、収納するにもコンパクトであり、軽量です。それに私が走った期間は7月〜11月15日でしたので、何とか寒さにも耐えることができました。

 使用可能温度が、3℃〜になっていました。いちばん寒い朝で2℃前後の日がありました。寝袋でも寒いほどでした。それに私は、日本海を南下する過程で雨用にと思って買ったものを、後半になると夜の冷え込みに耐え兼ねて、雨合羽を寝るときの寝具にしました。随分助かりました。

 寝床マット
11,200円   


 浮き袋と同じイメージです。必要な時は、口を通じて空気を入れる。終われば空気を抜けばよいだけです。空気を抜けば収納時には、コンパクトになります。クッション性にも優れています。

 なお、よく見かけたのがキャンプ時に使うタイプです。あれを持参しているのをよく見かけました。丸めることは出来ますが、どうもコンパクトではありません。なので雨天での収納が大変だと思います。









ここから空気を入れます。





                3,衣類

項目 備考 
雨合羽 
 コンビニで買ったものを使いました。これでも十分対応できますし、なんといっても軽いのがいいです。使い捨て感覚です。

 ただし、夏場は暑いので、合羽を着こんで走ることはできません。ですから雨でも、ほとんど濡れながら走りました。使えるのはせいぜい10月以降だと思います。

 下着
 すべて3着分の準備をしておくべきです。着替えは出来ても、洗濯が出来ない。また雨の時もあります。このようなことを前提にして考えると、3着分が必要になってきます。ただし、これ以上になると荷物がかさみますので3着分が限度です。  

 ただし、11月半ばになると、次は寒さが厳しくなってきますので、就寝の時や走行するときは、どうしても長ズボン、長い上着が必要になります。初めからすべてを持参すると重くなりますので、寒くなれば必要に応じて衣類を買う以外に方法がありません。但し私は、このことも前提として出かけましたので、足りない分を途中で買いました。

 上着
 靴下&タオル

<洗濯について>

 ほとんどコインランドリーで洗濯をしました。これはかなりの出費になります。走行場所によっては、コインランドリーが目に付かないところもありましたので、そのようなときは数日間、手洗いをしました。けれども、これを繰り返すと、見てる間に汚れが目立ってきましたので以後、出来るだけコインランドリーで洗濯をすることにしました。

 手洗いをした後の乾燥ですが、まさか乾くまで待つことも出来ませんので、自転車のハンドルや後輪の荷物の上に洗ったものを洗濯バサミで留めてから走ると、晴れの日であれば自然乾燥します。注意すべき点は、洗濯をしたあと干さないで長時間、袋に入れたままにすると、夏場は蒸れるのでカビ臭くなってしまいます。洗濯後は干すことを前提に考えてください。私の失敗談です。   

 小分けした洗剤を持参することもお忘れなく。コンビニでも売ってます。出発する前に確認しておくとよいです。キャンプ場やその他の場所において、洗濯機や乾燥機はあるが洗剤までは備えていません。そのときに必要となります。

<洗濯バサミ&ヒモ>
 キャンプ場などでは、手洗をしたあと干すときに、ひもが必要になります。ひもの長さは、下着や上着・タオル・靴下など数枚分が干せる長さを準備しておくべきです。加えて洗濯バサミもお忘れなく。





                 4,医薬品

 項目  価格  写真 備考 
 風邪薬    
 必ず持参してください。出来れば使い慣れている薬がいいと思います。 

 胃薬    
 何がきっかけとなって変調異変を来すかも知れませんので、念のために胃薬も備えておくべきです。
 
 傷薬    
 自身の不注意で、ペダルに足首をひっかけて数回傷を負いました。ですからその都度、バンドエイドを張りました。と言うことで、バンドエイドの備えも必需品です。 

ムヒ     
 夜間、外で話す機会が多くなります。虫さされ対策として必要です。
 





      

             5,その他

  項目 価格  写真  備考 
蚊取り線香     
 野外で腰に釣るタイプのものを準備しておくことです。蚊取り線香は必須です。  

 健康保険者証     必須です。忘れることのないように。
ツーリング
マップ 
 1,600円
 今はスマートフォンが主流になっていますので、地図を持参しなくてはどうにもならない、と言うことでもありません。

 私の場合は、出発時点での携帯電話に対する知識が疎かったので、ツーリングマップを持参しました。

 比較的コンパクトなうえに、当然のことですが距離の計測、道の駅、温泉などが表示されていますので、すごく重宝でした。

 ただ、とても不経済なことですが、この地図をすべて残すと積載量が増すので、使い捨てにしました。

 必要に応じて、事前に本屋さんに立ち寄り、次の地図を購入しました。