<旅の写真>

宮城県原町シーサイドバーク


本 州(太平洋側)

|北海道| |本州(日本海側)| |九  州| |沖  縄| |四  国| |瀬戸内海&淡路島| | しまなみ海道 |

TOP画面

  <目次>             


1.自宅(南大阪)〜静岡県沼津市口野

    このコースは、和歌山県日高町から御坊市の間、それにすさみ町に峠があります。三重県は熊野市から
   尾鷲市へ至る峠が特に厳しくなります。また、四日市市を走る過程で国道23号線が途中でバイパスに変
   わりますので、十分注意する必要があります。
   
   松阪市からは暫らくの区間、ほぼ平坦なコースが続きます。
 
2.伊豆半島

   このコースはアップダウンの連続です。繰り返すアップダウン加えて、夏場はセミの鳴き声が疲れに拍車
   をかけます。ただ、疲れ切った心身を癒してくれるのが、伊豆半島の絶景と美しい海水浴場です。この地
   域の治安もいいようなので、一度は海水浴場で野営してみるのもいいと思います。
 
3.江の島〜千葉県犬吠埼

   平坦なコースなので負担にはなりません。ただし、車の往来が激しくなるので、気を引き締めて走る必要
   があります。旅行記でも書いていますが、都内に「24時間の健康ランド」があります。大都市を走る区間
   については可能な限り野営は避けるべきです。
 
4.茨城県〜青森県

   このコースで最も気を付けるべきことは、トンネルです。トンネルの多いのは仕方のないことですが、問題
   はトンネル内の路肩が狭い上に、路面の整備が非常に悪いことです。したがって、前後からくる大型車両
   に挟み撃ちになる場合は、悪路にハンドルを取られないよう気を付ける必要があります。
 


                        1.自宅(南大阪)〜静岡県沼津市口野

本州(太平洋沿岸)
     
 
7月7日(水)、初めてのテント設営です。白浜海水浴場そばの松林で。ほんの少しの仮眠でした   7月8日(木)、白浜海水浴場で。朝早から、 近くの小学生でしょうか?
     
 
7月8日(木)、写真は串本温泉。串本市街地にあり、ここで入浴をすることができました。    7月8日(木)、橋杭岩、串本町の離れにあります。すでに夕方でした。 
     
 
7月8日(木)、串本町の離れになります。串本荒船キャンプランド。早朝から雨になりました。ここに着いたときは夜になっていました。勿論、私一人でした。     7月9日(金)、キャンプ場移動の朝、雨になりました。昨夜、ここを通りました。 真っ暗だったので、それは大変でした。左側は海になります。
この後すぐ、終日、しのつく雨でした。 
     
 
7月10日(土)、 トンネルを抜けると水が流れていました。暑さのあまり早速、手で水をすくい頭に掛けたものです。どのような水なのか詮索する余裕などありません。   7月10日(土)、三重県松坂駅舎の軒下に座り込んで夜明かしをしました。一睡もしませんでした。やはり駅はダメだ。 
 
 
 7月12日(月)、太平洋岸自転車道です。    7月12日(月)、太平洋岸自転車道です。砂が怖かった。 
     
 
 7月12日(月)、
御前崎灯台の近くで。左側山頂は自衛隊のレーダー基地です。 
  7月12日(月) 、前方に御前崎灯台が見えます。駐車場の片隅でテントを設営していると、突然、雷が鳴りだしたので慌てて場所移動しました。
     
 
 7月12日(月)、
御前崎灯台の近くにある「観光物産会館」です。夜になると雨が降ってきました。ベンチで寝ようとしていると、ベンチの前でパトカーベンチが止まりました。警察官による職質を受けると、そのあと、ずいぶん話が弾んだものです。 
  7月13日(火)、日本坂トンネル付近に位置する静岡県大崩海岸です。あまり感じの良いところではありませんでした。山肌ののり面のいたるところに落石防止の金網が張られていました。それも年代を物語るかのように錆の付いた金網でした。 
     
 
7月13日(火)、大崩海岸、走行あとを振り向くとこんな感じです。   7月13日(火)、 
静岡市内の標識です。
     
 
7月13日(火)、 この橋を前方に向かって通ります。    7月13日(火) 、富士川です。雨で増水しているようです。 
     
 
7月13日(火)、静岡県「天然温泉ざぶ〜ん」で入浴。この日の晩から大雨になりました。深夜2時の閉店までここで居座り、その後、斜め向かいにあるマックに入り朝まで粘りました。   7月14日(水)、 荷台支柱が破損。走行不能になりました。最悪の一瞬でした。支柱が折れるなんて予想外の出来事でした。ネジも緩み、いつの間にか落ちていました。
     
 
7月14日(水)、 
自転車店でも修理不可能です。部品取り寄せに1週間必要です。万事休す!の一瞬でした。
  7月14日(水) 、
伊豆半島へ続く国道。前方の交差点で荷台が破損しました。 
     
 
 7月14日(水)、 ここのご夫妻に助けられました。最終的には、自転車をここから自宅へ宅配していただき、ここから再出発させて頂くことが出来ました。有難うございました。   7月21日(水)、
伊豆半島、一週間ぶりの再開です。オニユリでしょうか。よく見かけます。綺麗ですね。 
     




   






2.伊豆半島
     
 
7月21日(水)、伊豆半島、アップダウンの連続でした。この周辺も厳しい上り坂でした。    7月21日(水)、
伊豆半島、野生猿もいました。 
     
 
  7月21日(水)、伊豆半島、峠を越えながら走り抜けた山を振り向いて眺めているところです。
本当によく頑張ったな〜
   7月21日(水)、沼津市、起伏の激しいルートではありますが、景色は素晴らしかった〜。
     
 
7月21日(水)、伊豆半島    7月21日(水)伊豆半島  
     
 
7月21日(水)、伊豆半島    7月21日(水)、伊豆半島 、アップダウンの連続。でも景色が美しかったですね。 
     
 
 7月21日(水)、土肥海水浴場の松林の公園で野営。この前に職質を受けました。   7月21日(水) 、伊豆市土肥海水浴場、美しい海水浴場でした。 
     
 
7月21日(水) 、伊豆半島、
土肥海水浴場。美しい海水浴場でした。 
  7月21日(水) 、伊豆半島、海水浴場そばの
「黄金の湯」です。ここで入浴をすませました。 
     
 
 7月22日(木)、伊豆半島     7月22日(木)、 伊豆半島、ここから眺める景色も、また格別でした。 
     
 
 
7月22日(木) 、伊豆半島       7月22日(木) 、伊豆半島  
 
 
7月22日(木)、 伊豆半島     7月22日(木) 、伊豆半島 。前方に見える国道を走り抜けました。
     
 
 7月22日(木) 、伊豆半島   7月22日(木) 、伊豆半島、たしかギブアップ寸前であったように思います。暑さとアップダウンの繰り返しでした。二度と走りたくないよ〜 
   
 
 7月22日(木)、 伊豆半島    7月22日(木)、 伊豆半島 
     
 
7月22日(木)、 伊豆半島    7月22日(木) 、伊豆半島 
     
 
 7月22日(木)、 伊豆半島、
とにかく美しいところでした。
   7月22日(木)、 伊豆半島 
     
   
 7月22日(木) 、伊豆半島     7月22日(木) 、石廊崎灯台の傍、
伊豆半島(南伊豆町)。ここもとびきり美しかったよ。
   
 
 7月22日(木)、
伊豆半島・石廊崎灯台です。
   7月22日(木)、 
灯台から海岸へ下ったところで。
     
 
7月22日(木) 、伊豆半島・石廊崎   7月22日(木) 、伊豆半島・石廊崎 
 
 
7月22日(木)、 
伊豆半島・石廊崎(南伊豆町)
  7月22日(木)、南伊豆町・弓ヶ浜海水浴場近くにある温泉です。ここで入浴しました。
 
 
7月22日(木)、南伊豆町・弓ヶ浜海水浴場、石廊崎傍の海水浴場です。とにかく美しい砂浜ばかりです。    7月23日(金)、ちょっと立ち止まってみました。
 
 
 7月23日(金)、    7月23日(金)、とにかく暑かったよ。 
 
 
 7月23日(金)、伊豆白浜付近?、忘れることのできない暑い一日でした。暑さに根負けしそうな一歩手前でした。海岸線を見るため、それに歩道が広かったので歩道を走っているところです。上り坂で(逆走)。   7月23日(金) 
     
 
7月23日(金)   7月23日(金)、伊東市役所の近くにある「和田の大湯」。ここで入浴を済ませました。 
     
 
7月23日(金)伊東駅の少し離れにある「伊東オレンジビーチ」海水浴場です。   7月24日(土) 
     
 
7月24日(土), 熱海の温泉街です。    7月24日(土)、熱海市街を振り向く 


                            TOPへ








3.江の島〜千葉県犬吠埼
     
 
7月24日(土) 、片瀬海岸西浜海水浴場。    7月24日(土) 、神奈川県藤沢市
江の島を右手に通り過ぎる。
江の島をこの位置から見るのは初めてでした。 
     
 
7月24日(土) 、鎌倉市、稲村ケ崎温泉、
ここの温泉で入浴。
でも入浴料金が高かったよ・・・なんで?
   7月24日(土) 、この日は土曜日、そばに海水浴場があるので、まるで芋でも洗ってる様相でした。
     
 
7月24日(土) 、温泉からそれほど離れていない海水浴場です。鎌倉市内にある由比が浜海水浴場です。すぐ傍の国道を暴走族が走り抜けていました。国道から目につかないよう、防潮堤にそばにテントを設営したものです。    7月25日(日)、早朝の海水浴場です。 
     
 
 7月25日(日)、由比が浜海水浴場で。早朝、シーカヤックで魚釣りに出かけるおじさま。    7月25日(日)、葉山御用邸前です。
警察官が警備に就いています。 
   
 
7月25日(日)、横浜市街を走行中です。   7月25日(日)、横浜市内で、ちょっと休憩しました。コスモワールド、日本丸です。
     
 
 7月25日(日)、念願の東京都に到着です。
多摩川に架かる六郷橋で。 
  7月25日(日)、東京駅の近くを走行。 
     
 
7月25日(日)、東京銀座の歩行者天国です。銀座のど真ん中を自転車を押して通るとは予想外でした。   7月25日(日)、東京都江戸川区内にある「健康ランド」。この日の宿泊施設になりました。予定外でした。
     
 
7月26日(月)、
江戸川に架かる舞浜大橋です。
  7月26日(月) 
     
 
 7月26日(月)、バイパスではこんなところもありました。    7月26日(月)、このようなところも走りました。バイパスの側道です。 
     
 
7月26日(月)、バイパスは走れないので、側道を走っているところです。   7月26日(月)、千葉マリンスタジアムの近くです。この道路は、車が多いので本当に怖い。
     
 
7月26日(月)、オーストラリア出身のこの方と、自転車談義に花が咲きました。彼は日本一周をされていました。「スポークが折れるから、荷物は前後輪に分けなさい」と教えて頂きました。人当たりの良い方でした。    7月26日(月)、
やっと木更津市まで来ました。国道16号線で。  
     
 
 7月26日(月)、突然、国道が通れなくなり、その後は、スロープを使って降ろされることも。よしてよ〜、と悲鳴を上げたくなります。たとえば、私のように自転車に30`あまりの荷物を積載して通る、ということまで考慮していないのです。まさに弱者切り捨てです。恐怖です。     7月26日(月)、
この日の夜、ここで泊りました。君津市内のネットカフェです。 
     
 
7月27日(火)、三浦半島がみえます。
随分遠くまで走りました。東京湾を一周したわけですから。でも、実際は、これからなんですね。 
   7月27日(火)、
東京湾を横断するフェリーのようです。富津市金谷港です。横須賀と結んでいるようです。 
     
 
7月27日(火)、
奇妙な岩穴を発見しました。 
  7月27日(火)鴨川・白浜の標識です。
     
 
7月27日(火)、関東でよく見かけます。    7月27日(火)、南房総市
     
 
7月27日(火)、野島崎灯台(南房総市)。    7月27日(火)、路面が綺麗で、しかも車があまり走ってないので、快適に走ることが出来ました。最高の道路でした。 
     
 
7月27日(火)、
千葉県鴨川市内の前原海水浴場。
  7月27日(火)、
鴨川市内の前原海水浴場。ここで神戸出身の男性と出会いました。本当によく話しました。
     
 
7月27日(火)、鴨川市内の前原海水浴場です。町も海水浴場も素晴らしいところでした。    
     
 
 7月28日(水)、とにかくトンネルが多かったですね。恐怖でした。トンネル内部の暗さに加えて、路肩の整備が悪いので転倒しないか恐怖でした。転倒すれば、後続から来る大型トラックにひき殺されるので、一巻の終わりですから。時には、車の往来の間隙を見図って走ったこともあります。勿論、歩道のあるトンネルもあります。でも、いくつもあるトンネルですから、それをすると時間が際限なくかかります。   7月28日(水)、とにかく暑いの一言でした。
走っても、走っても終わりがありません。 
     
 
 7月28日(水)、標識を右折すると、九十九里浜へと続きます。前方の交差点を右折してすぐでしたが、転倒寸前の危機に直面しました。    7月28日(水)、
銚子へ向けてひたすら走ります。
     
 
7月28日(水)、九十九里浜です。
走るうえで砂が危険でした。 
  7月28日(水)、
飯岡九十九里浜、自転車道です。 
   
 
7月28日(水)    7月28日(水)、千葉県旭市飯岡。
飯岡海水浴場のそばです。広い空間で一人だよ〜 。でも、ここも津波が押し寄せたわけです。
     
 
7月28日(水)、翌朝撮りました。
前方が走ってきた九十九里浜になります。 
  7月28日(水)、そばにコインランドリーがありましたので、助かりました。 
     
 
7月29日(木)、飯岡灯台です。昨夜野営した少し離れの高台にあります。    7月29日(木)、飯岡灯台から眺めた飯岡漁港です。 この港にも、津波が押し寄せたことを知りました。
     
 
7月29日(木)、
犬吠埼灯台です。銚子市にあります 
  7月29日(木)、犬吠埼灯台へ続く道は、結構アップダウンがありました。
     
 
7月29日(木)
前方海岸線に沿って移動しました。 
  7月29日(木)、 この旅2回目のパンクです。雨が降っていたので、閉鎖店舗の軒下で修理をしました。雨でしたので助かりました。チューブ交換をするので、まずは、車輪を取り外す必要があります。


                            






4.茨城県〜青森県
     
 
7月29日(木) 、
鹿島サッカースタジアムまえです。サッカー観戦をした経験がないので、このようなところで一度は観戦してみたいと思いました。 
  7月29日(木) 、
初めての贅沢をしました。 
     
 
7月29日(木) 、水戸ラドン温泉ゆ。
以前は24時間営業をしていましたが、今はされていません。無理を言って、ロビーの椅子で夜を明かしました。それにしても、よく泊めてくれたものです。ありがとう。
  7月30日(金)   
     
 
7月30日(金)、
日立市内の国道の傍で見つけた灯台です。このときは雨でした。 
  7月30日(金)、カナダ人のご夫妻です。日本一周をしているところで出会いました。心から喜びを表現してくれました。 
     
 
7月30日(金)、 福島県勿来(なこそ)駅前の民間交番。ここで勿来温泉が24時間であることを確認したうえで、移動しました。   7月30日(金)、 福島県 勿来(なこそ)温泉(関の湯)。ここの施設は、超一級品の施設でした。
24時間営業。
     
 
7月31日(土)、 
危なくて車道が走れないのに、歩道がこのような有様です。蛇がいてる可能性もあるので嫌でした。 
  7月31日(土)、福島県いわき市にある塩屋埼灯台です。美空ひばりさんの「みだれ髪」や「喜びも悲しみも幾歳月」の記念歌碑などがありました。暑い時でしが結構な観光客でした。さすが美空ひばりさんです。 
     
 
7月31日(土)、灯台展望台から望む    7月31日(土)、 灯台の上から
     
 
7月31日(土)、 前方の国道を走り抜けました。   7月31日(土)、塩屋埼灯台 
     
 
7月31日(土)、気になる木なので、写しました。やけに目立ちました。   7月31日(土)、 福島県「原町シーサイドパークオートキャンプ場」です。 
     
 
 31日(土)、 福島県南相馬市原町内にあるシーサイドパークオートキャンプ場の一角にある松林です。交渉の結果、特別な計らいで、この場所だと無料になりました。近くに温泉もあります。町営なのに他のサイトは高かったですよ。すぐ傍は海になります。   8月1日(日)、オートキャンプ場を出発後、少々走行したところの真野川に架かる橋詰で、日本一周を目指している大阪在住の50歳代の男性と出会いました。彼は北海道を周回して九州を目指しているところでした。久しぶりに出会った、と喜んでくれました。
     
 
8月1日(日)、 
宮城県松島の手前です。 
  8月1日(日)、 
宮城県、日本三景・五太堂です。
     
 
 8月1日(日)、クリーニング&コインランドリーの宮城県東松島市大曲エムズ矢本店です。この店内で泊めていただきました。ほんとに親切な方でした。でも、ここも津波に襲われました。とても気がかりです。 国道45号線のそばです。   8月2日(月)、早朝出発と同時に、股関節が痛みます。この日の走行は、地図上でアップダウンのあることが予想できます。はやる気持ちを抑えて整形外科へ。ここで痛み止めの筋肉注射を打っていただきました。以後、完治しました。 
それにしても、痛み止めの注射よく効きました。
     
 
8月3日(火)、陸前高田へ向かう道中。   8月3日(火)、岩手県陸前高田のコンビニで3回目のパンクです。このとき、既に午後7時過ぎでした。新しいチューブと交換です。斜め向かいにあるバイク店のお兄さんと、よく語り合いました。彼はがんの病と闘っていることを打ち明けてくれました。この町も津波で壊滅状態になりました。すごく気がかりです。
     
 
8月3日(火)、
岩手県「道の駅高田松原」で、関東の青年と隣接しての野営でした。 大きな道の駅でしたが、津波のため今はこの道の駅も存在しないはずです。
  8月4日(水)、連日暑い日が続きます。沢の水を見つけると、頭から掛けていました。冷却効果抜群です。 
     
 
8月4日(水)、恐怖のトンネルです。トンネルに入る手前で親切な方に出会いました。私の姿を見て、「疲れている」と直感したのでしょうか、トンネルを抜けたはるか先にコンビニがあるわけですが、走ってきたトンネルを戻り、コンビニで氷のかちわりを買ってから、くれたのです。今でも忘れることが出来ません。 名前を尋ねると「このような人もいる、と思ってくれればいいから」と立ち去ったものです。   8月4日(水)、 
     
 
 8月5日(木)、ここへ至るまでは厳しい登り坂が待ち構えていました。 眼下に三陸鉄道北リアス線が見えます。   8月5日(木) 、国道45号線。山側へ迂回します。
     
 
8月5日(木)、この道の駅で野営をする予定でした。ところが、海岸線にあるガソリンスタンドのお兄さんが、最近クマが出没した、と聞いたので、急きょ野営場所を変更しました。もう少し先の久慈市まで移動することにしたのです。   8月4日(水)、岩手県山田町の鯨と海の科学館のある公園で。担当者が来ましたがなんとか許可を頂きました。お手洗いもあるので、助かりました。でも、常に思うのは熊の存在でした。結局、安眠ができませんでした。 
     
 
8月5日(木)、
久慈市「道の駅のだ」陸中野田駅でもあります。 
   8月5日(木)、久慈市「道の駅のだ」。駅舎の軒下で寝るつもりでしたがちょっと気になることがあり、駐車場なので危険ですが駐車場の一角に移動しました。
     
 
 8月6日(金)、青森県八戸市大須賀海岸、白浜海水浴場です。若者が朝まで騒いでくれました。おかげで睡眠不足になりました。   8月6日(金)、美しい海岸でした。でも、3・11津波の時、この海岸に打ち寄せる高波の様子をテレビを通じて見ました。 
   
 
8月7日(土)、八戸市街です。    8月7日(土)、八戸大橋です。 
     
 
8月7日(土)    8月7日(土)、この日は、むつ市内にある「早掛レイクサイヒルキャンプ場」を目指して走りました。「恐山&むつ市街」の表示です。 
     
 
8月7日(土)    8月7日(土) むつ市です。 
   
 
8月7日(土)、前方に恐山が見えます。   8月7日(土)、青森県むつ市「早掛レイクサヒルキャンプ場」。正面は管理棟です。素晴らしいキャンプ場です。 
     
 
8月7日(土)、青森県むつ市「早掛レイクサヒルキャンプ場」。   8月7日(土)、 周辺一帯、眩しいばかりの緑のジュウタンを敷き詰めているようでした。ほんとに美しい芝生でした。 
     
 
8月7日(土)、芝生が綺麗でした。本当に手入れの行き届いた施設でした。このようなキャンプ場がわが町にもあれば良いのになぁ〜   8月8日(日)、
マグロ漁で有名な大間港の手前です。 
     
 
8月8日(日)、大間港で。     8月8日(日)、函館港へ向かう。
     




TOPへ