<トラブル>

TOP画面


                  <トラブル(自転車)>

 内容 場所  備考 
 パンク8回  後輪
 がびょうが刺さってのパンクが一回。他7回のパンク原因は不明です。ただ、走行距離が長くなると、暑さも含めて、タイヤに無数の小さな亀裂が確認出来ました。恐らくタイヤの劣化・摩耗がパンク原因のひとつだと思います。

 事実、大阪を出発した後、8回目のパンクが稚内市で起きましたが、その後、新潟市と宮崎市・高松市で事前にタイヤ交換をすることで、ゴールをするまで一度もパンクをしませんでした。

 もう一点、荷物のすべてを後輪に積載したため、パンクのすべてが後輪で起きています。

<後輪タイヤ交換4回>:
1回目:稚内市内
2回目:新潟市内 
3回目:宮崎市内
4回目:高松市内 
 
<前輪タイヤ、チューブ交換2回>:
1回目:新潟市内 
2回目:高松市内

 もう一点考えられるのは、ゴールする時は体重が8Kgも減っていたので、少なくとも体重も大きく影響したことは間違いありません。

 キャリア(荷台)の破損4回
荷台の支柱を固定するネジが緩み落下。
同時に荷台支柱が破損する。


 荷台支柱を固定するネジが外れています(写真)。外れた原因は、走行時の振動に伴うものと思われます。そのことが原因で、荷台の支柱に亀裂が入りました
(写真)。

 新車なので、まさか固定したネジが緩むなど、私の頭の中で想像したこともありませんでした。

 破損したあと荷台を交換。その後は時々ネジの緩みをチェックしてみると、数日後になるとネジがゆるんでいました。なので走行中は、定期的にネジの緩みをチェックをする必要があります。要注意です。

 なお、私の自転車荷台の材質はアルミです。また、曲げてあるところの位置についても、素人感覚で見ても問題あり、と思いました。勿論、強度実験も繰り返してはいるはずでしょうが実際、写真のように亀裂を繰り返しました。

 走行中に荷台が破損しても、自転車店に荷台の予備まで置いていません。取り寄せる以外に手立てがありません。なのでこのようなことが起きた時の対応についての心構えをしておくべきです。同じ体験談をお聞きしたこともありました。

 その他    





             <トラブル(身体)>

 内容  処置&その他
股関節の痛み 
 宮城県東松山市街を早朝出発したところ、股関節が痛みます。このまま走り続けることは困難と判断。急きょ「わたなべ整形外科病院」を伺い、診察を受けました。

 事情を説明のあと、どうしても中止することが出来ない旨を医師に伝えたうえで、股関節の筋肉に注射をしていただきました。

 痛み止めの薬を頂き、この日の走行は諦めて、市内にあるネットカフェに入り、翌朝まで休養をしました。

 一連の対応が功奏したようで、翌朝になるとほぼ痛み・違和感共にとれました。その後、帰宅した今でも、再発をしていません。

目に鉄粉が刺さる 
<経緯>
 島根県出雲市内にある「道の駅キララ多岐」を出発して1時間ほどすると、左目に遺物の入っているような違和感を感じるようになりました。それに少々痛みも感じます。コンビニ等に立ち寄り、幾度か目を洗うものの治癒しません。


<対応>
 この日は土曜日であり、翌日は日曜日です。後ほど気付きましたが、その翌日の月曜日が祭日になっていました。

 違和感を感じたのは日本海沿岸の国道で、眼科を気にしながら走っていましたがなかなか見当たりません。

 やっと見つけたのが島根県江津市内の国道沿いにある「鈴木眼科病院」でした。ちゅうちょすることなく受付窓口を伺いました。このときの時間ですが11時を少し過ぎていました。窓口で「今日の受け付けは終わりました。予約を入れていますでしょうか・・・」との問いかけです。

 「自転車で走っていたところ、目が痛くなってきましたので、是非診察をお願いいたします。・・・」と、低姿勢で無理なお願いをしてみたところ受け付けてくれました。

 診察は女医さんでした。とても機敏で的確な説明をしてくれたので、安心して受診させて頂くことができました。診察の結果、鉄粉が二つも刺さっていることが分かりました。早速、取り除いて頂くとそれまでの痛みと違和感が嘘のように取れました。

 この後、女医さんが「あなた、刺さった鉄粉をほおっておくと、錆が出るから大変なことになりますよ。明日は、日曜日よ・・・」との説明でした。

 放置したままだと、確かに大変なことになっていたはずです。が、運よく眼科がみつかり、ほんとに助かりました。もっと不便なところだったら・・・、良い医師に診てもらったものです。


<原因>
 恐らく走行中、ダンプやトラック等多くの大型車両と交差したので、そのとき大型車による鉄粉飛散だと思われます。それが左目に鉄粉が刺さってしまったのでしょう。

ほんとに突然の出来事でした。ちなみに、私は眼鏡をかけています。


<同様の体験談>
 他でも私と同じことの体験談をお聞きしました。なんでも、バイクで走っていたところ私と同様、突然、目が痛くなり、我慢して放置していたものの、最後は痛くて動けなくなり、救急車を要請したそうです。この方、処置がもう少し遅れていたら失明をしていたそうです。

 脚のむくみ
 関東を走り抜けたころから「ふくらはぎ」を中心として、すごい「むくみ」が出てきました。夜になると、すごくかゆくて寝ることもままなりません。当初、足の使いすぎに伴う腫れなのかな? そんな受け止め方をしていました。

 たまたま、近くに整骨院が目に付きましたので、そこをお伺いしました。先生の説明では、「 ずっと足を使っていて、常に足が頭よりも下にあるので、血の循環が悪くなっていると思われますので、寝るときは出来るだけ足を頭よりも高い位置にしてから寝てください」との説明でした。

 ここで電気治療を施したときは一時的ではありますが確かにむくみが引きました。これで原因が分かった、と思ったのですが、治癒しません。

 北海道に入ってからも腫れの状況に改善の様子が見られません。走行時、薬局が目に付いたので、立ち寄ってみました。女性の薬剤師さんでしたが、腫れている患部に手を当てると、「これは虫さされですよ。すごくかゆくないですか」と、ズバリ私の悩んでいる部分を的確に質問してきました。

 処置として、熱を取り除くための冷シップとかゆみどめの薬を買うことにしました。この対応で、以後、腫れも引き、かゆみもなくなりました。

 振り返ってみると、厳しい上り坂で、時には自転車を押したこともあります。その時、きまったようにアブが足元や首を中心にして攻撃をしてきたものです。また夜には、知り合った仲間と、野外で語り合ったりしたので、そのとき蚊に刺されていたようです。基本的に、虫刺されに弱いのかな。